読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

/dev/null

(◞‸◟)

CentOS 6.4にzsh最新版をソースから入れる

漢のzshの時間です。

yumから入れると腐ったものしか入らないと評判なのでソースから。

zsh?なにそれ美味しいの?bashでよくね?いやむしろtcshでよくね?って人はそのままの人生を過ごしてくれ。

まずyumでちょっと入れる

$ sudo yum install ncurses-devel

でこっから最新版をDLします。

http://zsh.sourceforge.net/Arc/source.html

今回はzsh-5.0.2.tar.gz

$ wget http://downloads.sourceforge.net/project/zsh/zsh/5.0.2/zsh-5.0.2.tar.gz?r=http%3A%2F%2Fzsh.sourceforge.net%2FArc%2Fsource.html&ts=1373188052&use_mirror=jaist

解凍

$ tar zxvf zsh-5.0.2.tar.gz

移動して

$ cd zsh-5.0.2

configue

$ ./configue

make

$ make

make install

sudo make install

で、インストール。 とっても簡単だ。素晴らしい

ログインシェルをzshにしておこう。

ログインシェルに設定できるシェルのリストは

/etc/shells にあるので確認。

$ cat /etc/shells 
/bin/sh
/bin/bash
/sbin/nologin
/bin/dash
/bin/tcsh
/bin/csh

インストールしたzshはもちろん入ってないので追加

$ sudo -e /etc/shells

/usr/local/bin/zshを追加します。頑張れvi

で、chshコマンドでログインシェルを変更

$ chsh  コマンド打って
Changing shell for user.
Password:  ←パスワード打って
New shell [/bin/bash]: /usr/local/bin/zsh ←zshのパス打って
Shell changed. ←完了

これで終わり。 ホームに.zshrcを作って適宜自分好みにカスタマイズして快適な補完ライフを送ろう。

.zshrcは最初これを全コピペでいいと思います。

http://news.mynavi.jp/column/zsh/024/index.html